トイストーリー4がなぜ賛否両論なのか?ピクサーからの真のメッセージ

その他・趣味等

ネタバレ注意!

現在映画館で上映中の「トイストーリー4」ですが

見た人からは

「あれはトイストーリーの続編とは認めない!嫌だ!」

「今まででメッセージが一番深くてよかった…!!」

と賛否両論の声があがっています。

そんなトイストーリー4を

ピクサーからの真のメッセージ

を考察し、本当の魅力についてご説明いたします。

結論

トイストーリー1〜3までは

こどもを幸せにする、おもちゃの物語」であり

今回のトイストーリー4は

ひとりひとりの、自由な生き方の選択についてを描いた物語」

なのです。

詳細

 トイストーリー1〜3まで

トイストーリー1〜3までは、ご存知主人公のウッディとバズが

持ち主のアンディを楽しませて、笑顔にするために

おもちゃとしての使命である “こどもを幸せにする”ということに忠実だったお話でした。

言われてみれば…

トイストーリー3の最後には、大人になったアンディからボニーに引き継がれ

これからは「新しく持ち主になったボニーを幸せにしていくんだ」というところで終わっており

おもちゃが主役の物語としては、完璧なハッピーエンドで幕を閉じました。

正直、上記の「こどもを幸せにする、おもちゃの物語」としてはこれで完結しており

この視点のまま、新たに描かれたトイストーリー4を見てしまうと

「せっかく完璧な3部作だったのに…」とがっかりしてしまう気持ちも非常によくわかります。

 

 トイストーリー4

それでは

トイストーリー4はなにが違うの?

ってはなしですが

トイストーリー4は、もはや “ただのおもちゃのお話” ではなくなり

“ひとりひとりの、自由な生き方の選択について” を描いている作品なのです。

「トイザらスで売っているようなおもちゃが実は動く!僕らを幸せにするためにこっそり頑張ってくれている!」ということを描いた物語 ではなく

ウッディとバズという主人公を通して

「みんな彼らみたいに、自分のしたいことを自由にやって、幸せに生きていっていいんだよ」

ということをメッセージとした物語なのです。

好きなことして生きていく!

その証拠に

ラストには、1〜3の鉄則である “自分の持ち主を幸せにする” というおもちゃの使命に反し

ウッディは、おもちゃとして一番幸せな “人の所有物(持ち主がいる状態)” から離れ

ボーと共に旅立ってしまいます。

新たな登場キャラクターが意味していること

 「フォーキー」が表す3つの意味

 

物語序盤から

「僕はゴミー!ゴミって最高!おもちゃなんかなりたくない!」

と衝撃な登場をしたフォーキーですが

今回重要な以下3つの意味を表す”象徴”でした。

・ウッディに残された “使命を全うできる最後の方法”
・おもちゃは不幸であるという新たな発想
・自分がしたいことをする幸せへの気づき

 

物語の開始直後、ウッディは遊ぶおもちゃに選ばれず、物置に一人残されさみしい思いをしていました。

でも自分の使命である “こどもを喜ばせる” といった目的をなんとかやり遂げようと

ボニーの幼稚園に勝手についていき、フォーキーと出会います。

 

フォーキーは幼稚園でボニーが自作したおもちゃということもあり一番のお気に入りおもちゃになりますが、フォーキー本人はまったく乗り気ではなかったため

「キミの使命はボニーを幸せにすることなんだ!」と言い聞かせます。

でも、フォーキーはいつまでたってもそれを拒否していたため

ウッディはフォーキーに “おもちゃの使命を押し付けること” が自分の最後の仕事だと思いやり続けます。

 

しかし、物語中盤にトイストーリー2以来居なくなっていたボーと再会し

自分の考え側の方を疑い始めます。

 

 「ボー」による “新たな考え方” への気づき

ボーはトイストーリー2までウッディの彼女枠で登場したキャラクターですが

不幸にもみんなとは別のタイミングで他人に譲られていたことが劇中に描かれています。

 

トイストーリー2までは

「インドアでおとなしそうなお姫様」といった印象で描かれていたところから180度うってかわり「アウトドアでスポーティ・アクロバットな女性」と描かれました。

ウッディはこれまでなにがあったのかを質問し

「広い世界を自分の目で見て、楽しみたくなった」ことを聞かされます。

 

それを聞いたウッディは

最初は、”おもちゃの使命” の考えとは違うためピンときておらず

今の自分の持ち主のボニーのところへ一緒に行こうと提案しますが、ボーには全然響きません。

 

 「ギャビー・ギャビー」の後押しを経験しての決心

今回、若干悪役枠で登場したギャビー・ギャビーですが

最後には、なんなら “かわいそうな、実はいい子” みたいな感じになっていきましたよね。

 

ウッディの背中のサウンドボックスを奪おうとする敵役でしたが

その目的は、実は、自分が不良品で一度も “おもちゃの使命を全うする幸せ” を経験したことがなく

それに憧れる女の子でした。

 

ウッディはその話を理解し、最後には自分の大事なサウンドボックスをあげて、自分が不良品になってしまいました。

 

劇中、トイストーリー3でボニーのものになったにも関わらず、元カノが忘れられない未練タラタラな男かのように

ずっとアンディアンディ言ってたウッディが

自分がアンディに尽くし、幸せにし、幸せにしてもらえたことを思い出し

ギャビー・ギャビーを新たな持ち主に送り出します。

その時、自分のやりたいことは「持ち主を幸せにすること」ではなく

他のおもちゃたちをこども達へ送り出すこと」だと認識し始めます。

ここ!テストでますよ~

 そして…

そして今回のラストには、ボニーのもとを離れ、ボーと一緒に旅立ってしまいます。

エンドロールでは、ウッディが他のおもちゃたちをこども達のもとへ送り出すために奮闘している姿が描かれています。

まとめ

ここから読み取れることとしては

トイストーリー3までで前提だった”おもちゃの使命“が

トイストーリー4では、

・そもそも “与えられた使命を全うすること” が本当の幸せなのか?

・新たな登場キャラクターから教わる、新たな発想の

  自分のしたいことは自分で決めることができる

ということが描かれています。

みなさんが期待した、

「トイザらスで売っているようなおもちゃが実は動く!僕らを幸せにするためにこっそり頑張ってくれる!」ことを描いた物語

とはちょっと違った形になってしまいましたが

 

「みんなウッディやボーみたいに、自分のしたいことを自由にやって、幸せに生きていっていいんだよ」

ということをピクサーのメッセージと捉えると

これはこれで見てよかったなと思える人もいるのではないかと思います。

ふむふむ

私はトイストーリー好きすぎて

ウッディとバズのリアルサイズフィギュアを買ってしまいました。笑

~簡単なプロフィール~

ボブ数子です。

Twitter.youtube.Radiotalkでも活動しています。
おふろと音楽が大好きです。
Radiotalkでゆるふわ配信しているのと
Radiotalkで使えるBGMをつくっています。

【youtube】

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

【Twitter】

【Radiotalk】

【instagram】
https://www.instagram.com/bobkazuko.026/?hl=ja

よろしくでありんす!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました